PMI ThinkTank

PMI ThinkTank

前提が崩れつつある時代に生きるいま、
必要なのはこれまでの当たり前を問い直すこと。

PMI Thinktankは、未来を生きる世代として、現代社会の現実や本質を見抜き、思想・価値観を提示するとともに、ひとりひとりがその実現に向けた主役となれるよう、政策、テクノロジー、文化・社会規範といったルールの在り方を立場を超えてともに考え、あらゆる境界線を溶かしながら、「今」を変えていくための視点を問いかけていく。

Millenial’s Policy Paper

#ミレニアル政策ペーパー

PMIでは、ミレニアル世代が感じる社会への違和感から未来のあるべき姿を提示し、政策、テクノロジー、文化・社会規範の3つの視点から、現在求められているアクションや視点をまとめた「ミレニアル政策ペーパー」を定期的に発行しています。

ミレニアル政策ペーパー Volume 1

「家族イノベーション〜多様な幸せを支える家族の形」

ミレニアル政策ペーパー Volume 1

「家族イノベーション〜多様な幸せを支える家族の形」

本編スライド

本文ホワイトペーパー

Youtube

PMI ThinkTank Event

本編スライド

本文ホワイトペーパー

Youtube

PMI ThinkTank Event

Public Notes

パブリックノート

PMIが「ミレニアルxNEW PUBLIC」の視点から、イノベーションとルールメイキングに纏わる情報をお届けしていきます。

1989年奈良県生まれ。京都大学卒業後、総務省入省。長野県への赴任を経て、外務省にて開発分野の多国間交渉を担当。その後、総務省に移り、シェアリングエコノミーの社会実装をはじめとする人口減少下の持続可能な社会を実現するための企画・立案に従事。現在は米国コロンビア大学修士課程(公共政策学、ジェンダー)に所属。TEDx speaker、NewsPicks Propickerなど幅広く活躍。2019年には、世界経済フォーラム からGlobal Shapersに選出。

MESSAGE

戦後日本は欧米型システムの導入を積極的に進めることにより、世界有数の経済大国へと成長しました。日本が取り入れ、生み出した一連の制度、文化、テクノロジーは、大きな物質的繁栄をもたらし、今日に至る経済・社会的基盤を形作りました。

一方、私たちは新たなステージに立たされています。

世界中で既存システムの綻びが見られるようになり、他国に先立ち縮小社会に突入した日本は、これまで通りの制度を維持することが難しくなってきました。

変化の速度が速くなり、人々の価値観の間にも大きな乖離が生まれるようになってきました。もはや時代の先を走るフロントランナーが存在しない今、私たちに課された最大の使命は、新しい時代のビジョンを描き、戦後70年間私たちを支えてくれた制度、文化、テクノロジーを、いわば私たちを取り巻くルールを、新時代に適合したものにイノベートしていくことではないでしょうか。

PMI ThinkTnakは、次の50年の当事者であるミレニアル世代を中心として、新たな思想・価値観を提示するとともに、未来へとつながる「今」を変えていくための視点を提供し続けます。

各業界で社会をアップデートしていこうと戦うイノベーターのみなさんと、ともに未来を描けることを楽しみにしています。

PMI ThinkTank センター長
田中 祐典

MESSAGE

戦後日本は欧米型システムの導入を積極的に進めることにより、世界有数の経済大国へと成長しました。日本が取り入れ、生み出した一連の制度、文化、テクノロジーは、大きな物質的繁栄をもたらし、今日に至る経済・社会的基盤を形作りました。

一方、私たちは新たなステージに立たされています。

世界中で既存システムの綻びが見られるようになり、他国に先立ち縮小社会に突入した日本は、これまで通りの制度を維持することが難しくなってきました。

変化の速度が速くなり、人々の価値観の間にも大きな乖離が生まれるようになってきました。もはや時代の先を走るフロントランナーが存在しない今、私たちに課された最大の使命は、新しい時代のビジョンを描き、戦後70年間私たちを支えてくれた制度、文化、テクノロジーを、いわば私たちを取り巻くルールを、新時代に適合したものにイノベートしていくことではないでしょうか。

PMI ThinkTankは、次の50年の当事者であるミレニアル世代を中心として、新たな思想・価値観を提示するとともに、未来へとつながる「今」を変えていくための視点を提供し続けます。

各業界で社会をアップデートしていこうと戦うイノベーターのみなさんと、ともに未来を描けることを楽しみにしています。

PMI ThinkTank センター長
田中 祐典

1989年奈良県生まれ。京都大学卒業後、総務省入省。長野県への赴任を経て、外務省にて開発分野の多国間交渉を担当。その後、総務省に移り、シェアリングエコノミーの社会実装をはじめとする人口減少下の持続可能な社会を実現するための企画・立案に従事。現在は米国コロンビア大学修士課程(公共政策学、ジェンダー)に所属。TEDx speaker、NewsPicks Propickerなど幅広く活躍。2019年には、世界経済フォーラム からGlobal Shapersに選出。

平本 大城

1985年神奈川県生まれ。慶應義塾大学卒業後、経営コンサルティング会社勤務を経て弁護士資格を取得。企業法務を扱う法律事務所にて予防法務、訴訟対応を経験した後、法律事務所開設し主にスタートアップ企業のリーガルサポートを行うとともにメガスタートアップ企業においてビジネススキームのリーガルデザイン、提携事業者との契約整理等に加えて、パブリック・アフェアーズを担当。

平本 大城

1985年神奈川県生まれ。
慶應義塾大学卒業後、経営コンサルティング会社勤務を経て弁護士資格を取得。

企業法務を扱う法律事務所にて予防法務、訴訟対応を経験した後、法律事務所開設し主にスタートアップ企業のリーガルサポートを行うとともにメガスタートアップ企業においてビジネススキームのリーガルデザイン、提携事業者との契約整理等に加えて、パブリック・アフェアーズを担当。